ファミコンレビュー

ここではウチのサークルで作ってる
ファミコンレビュー本「100」シリーズで使った自分の分のレビューだけ載せてみようと思います。
クロスレビュー方式で文字数は120文字制限。ちょっと物足りないかもですが。



ソフト点数レビュー
アークティック8口で説明するのが難しいな…シミュレーショナブルパズルとか言おうか。レールを走る複数のカラーボールを同じカラーのゴールに叩き込むんだけど路線変更とか路線方向とかスピードとかタイミングが絶妙で脳汁出ます。運じゃクリア不能
悪魔の招待状5通には何の説明もいらないケムコ即死アドベンチャー3部作その3。いいからプレイして死んどけ、とりあえず。
アストロファング3なんか車体が細くなったり進行に邪魔な車をミサイルで破壊したりするレース?ゲー。十字キーに気を配るレースゲーで十字キーの上がショットボタンって無理があると思うんだ。似たようなゲームなら「マッハライダー」を。
アバドックス3デザインがすごく…ダイナミック企画です…。全体的に妙にグログロしい。縦長の自機でライフ制じゃないのがツライ。なんかグラディウス…いや沙羅曼蛇っぽい。1面ボスある意味まんまだし。偶数面の縦スクロールは下方向進行という…。
アメリカ大統領選挙2ペネロープはファミコンの描画限界レベルで描かれていて可愛い。ゲーム内容?ああ、スズキ強くね?てか民衆の反応が極端で難易度高い。それよりペネロープの困り顔で何杯メシが食えるか…
アルマジロ5ああ、ソニックね…あれ?違うの?という丸まり動物系アクション。違うのは丸まりが任意なことと超速ゲームではないことか。それなのに処理落ちの酷さが目につく。軽快に動きさえすれば良作になれただろうに…まぁソニックには遠く及ばないだろうけど。
暗黒神話2好きな人間はとことん好きな「諸星大二郎」原作の「暗黒神話」をゲーム化…なのに展開が全然違うのはなんなのコレ?ああ、「暗黒」神話ってそういう…
エイトアイズ5ああ、ドラキュラね。あれ鳥がいる…違うの?ドラキュラじゃない?と初見印象だが、この鳥のオリジナリティで何気に遊びがいのあるゲームに仕上がっている。先にこっちやってたらドラキュラのほうが地味に感じるかも。ちょっと誰か2Pで遊ぼうよこれ!
エッガーランド6カービィでお馴染みハル研製作。丸いキャラ好きだねココは。だが内容の難易度は渋く心地よく悩ませてくれる。全クリ遠いよ…
F1サーカス4マシンセッティングの細かさが売り。天候まで変わるから余計に気を使おう。問題があるとすれば俯瞰型のレースゲーなので迫力・臨場感にはどうしても欠ける。学生時代PCエンジン版のこればっかずっとやってる奴いたなあ…
えりかとさとる夢冒険2人死出るわけじゃないしメルヘンチックなので簡単そうにイメージだがすっげえ詰まる。そりゃもう一章から。クイズも何気に難しいし(問題数少ないからすぐ覚えちゃうけど)。てめェーだよてめェーとか言ってる場合じゃないって。
おっことしパズルとんじゃん5ごほうびイラストがかわいい(と言ってもこの時代のテイストだが)。紫禁城と同じようなルールだが問題のヘヴィさはこちらはかなり低い。昔のパソゲーのようなテンションの追加ステージの入りに失笑。
ガーディック外伝2スーパースターフォースみたいなシューティング+2Dアクション。ザナックでおなじみコンパイル制作なのでシューティングはいきなりハード。パッケージのメカ女の子が変形して戦闘機になるんだと。某「アーティスト」が似たようなの作ってたな。
ガンナック5敵がマッチ箱とかまねきねことかの妙な雰囲気に挑むは普通の戦闘機、だが乗っているのは巫女さん!!シューターさん達には有名な「ザナック」の繋がりだ。
亀の恩がえし3これだけタイトルからゲーム内容が予想できないゲームも無いだろう。アドベンチャーっぽく始まったと思ったらSFアクションになりシューティング。タコボール使いにくいよ!!
がんばれゴエモン外伝6ゴエモン三作目はRPG。グラフィックも音楽も良質、低難易度でとっつきやすい。エンカウントとダンジョンの広さ以外はね…。あと微妙に情報が少なくて地味に詰まるな。
ギミック!7見た目と裏腹に高難易度…ってゲーム多いけどこれもそう。シンプルだがあるゆる技術が高い奇跡のゲーム。だが自分の攻撃含めて全体的にシビアすぎるのでとっつき易くはない。君は真のエンディングを見れるか。
キャプテンED3なに…この…なに?多分シューティングで分類いいんだろうけど、基本的にザコは気にせず地面叩きまくってれば金もエネルギーも手に入る。定期的にくるニコチャンマークを逃さなければアイテム隠れてるパネル分かるから多分死なない。ボスも弱いし。
キャデラック4トランプ使った落ち物パズル。面白くなくはない、がクリア条件があまりにも、あまりにも厳しすぎる。52枚全部消すことが条件なので最低でも4枚の役(3枚以上で役になる)で全て揃える必要が…ていうか52枚全カードを覚えなきゃいけないんじゃないのコレ?
キングオブキングス6女神転生通の人はオープニングの音楽聴いただけできっと気付くだろう、後のATLUSのスタッフによるゲームです。とっつきやすいシステムのSLGでスーファミでグラフィック強化して出たらなぁ、と思ってた。
キングコング2怒りのメガトンパンチ4同名映画のゲーム化。なんでコナミなんだろう…。映画原作の割に敵はなかなか無茶苦茶。当時友人が得意でカセット持って来てはさらっと2周ぐらいしてたっけ。
クインティ6製作が今世界でその名を轟かす「ポケモン」のゲームフリーク。更に設定が「兄の恋人に嫉妬する妹の仕業」という今なら悶絶必死の設定。ちなみにクインティとは妹の名前。CV釘宮希望。
ゴーストバスターズ1ゴーストバスターズ大好きなんだよ。だからこそこんなどーしようもないゲームを作った奴等をバスターしたいね。ほんとなめんなよ
コスモジェネシス2オープニングで一発で洋ゲーとわかる洋ゲースターラスター。遊び方分からないと本気で宇宙に放り出されたような気さえする。(分かってもツライんだが)作りたいものは凄く分かるけどまとめあげる力と理解させる方法論が足りない残念ゲー。
サイドポケット4ビリヤード、可もなく不可もなく。でもどーせだったら実際やったほうがいいね、コレは。ゲーム的な楽しさだったら「ルナーボール」みたいに摩擦係数の設定ができたりとかあればねー。まぁ暇つぶしには良いです。
殺意の階層7セミリアルタイムのADV。コマンド総当りが主流のこの時代のアドベンチャーにしては思い切った設定。というか結構どころかかなり難しい。クリアしたけどもう一回やれって言われてすんなりクリアする自信ねぇ…
ザ・トライアスロン4水泳・自転車・マラソンのレースを一度に行う過酷なスポーツ。本作はその苛酷さを更にアップ、海にはそこかしこに大渦(呑まれて中心にいったら死亡)、自転車コースには別れ道の先の悪路、そして道路には障害物。スペシャルはどれもその上を行く地獄。必見。
サマーカーニバル烈火5シューターの人にはご存じ鬼難易度シュー。1面から地獄。敵がどんな形か確認する間もなく、まさに烈火の如く敵の猛攻が降ってきます。昨今の弾幕ゲーとはまた違う超速度シューティングを堪能あれ。ボム中無敵とかもこの頃は当然のように無い。
サンサーラナーガ7監督押井守、音楽川井憲次、キャラデザ桜玉吉という妙に豪華な(玉吉は豪華ではないか)スタッフ製作。タイトルのサンサーラから予想される通りそっち系の世界観。スーファミの2共々オススメ〜。映像化願うProduction I.Gで!…と思ってたら出てたらしいね。
紫禁城6倉庫番系のゲーム。まぁ普通にパズルだから好きな人は黙々とやっちゃうんじゃないかな。俺みたいに。
地獄極楽丸52015年、お馴染み人間対コンピュータです。しかも珍しい電脳空間にダイブする話。でもキャラは歌舞伎風。変な設定のゲームだがレスポンスもよくプレイ感はかなりいい。基本攻撃が髪を振り回すことだがしゃがみはパンチでリーチが激短なので信用できない。
ジャウスト5ナウシカのトリウマみたいな動物に乗るバルーンファイトみたいなゲーム。ていうかこっちが元祖なんだけど。操作スピードが妙にちょっぱやなので割とすぐ死ぬ。効果音の「カツカツ」がなんかイイ。
じゃじゃ丸の大冒険3固定ステージ型だったじゃじゃ丸を横スクゲーにして個性を消失。トロッコとかガマパックンの操作性の悪さも引き継いだ為障害物のホントうざいこと。難易度は進めても殆ど変化しないからすぐ飽きてしまう。単調でも前作のほうが何故かやっちゃうよなぁ。
じゅうべえくえすと3鬼難易度(というかエンカウント)RPG。システムとか色々なものが全部空回り気味で勿体無い。とにかくエンカウントがキツイよ。
重力装甲メタルストーム6ちゃっくんぽっぷみたいな上下重力ロボアクション。敵の攻撃等の難易度は易しいほうなのだがシステムのおかげで難易度がハネ上がっている。特に6面のボス、無茶すぎ。でもなによりこだわっていそうなのは自機の爆発。
ジョイメカファイト6ファミコンの底力。スーファミ出てしばらく経つ頃だったけどこれに劣るゲームも多々あったろう。だがハードそのものが消え去ろうとしている時代だけに不遇の作品。やればわかるがキャラがアホほどいるから飽きないと思いんがちだが、がさすがに多すぎて…
人生劇場5ボードゲームだと場所取るし計算とかめんどいからこっちのほうがラク、みたいな。イベントがそこそこバカで良い。ひとりでやるもんじゃない。
スーパーダイナミックバドミントン4とりあえずタイトル負け。負けってほど悪いゲームではないんだけども。バドミントンっぽさはかなり高いんじゃないだろうか、シャトルの動きとか。問題はラケットに当てるのがムズいコトだ。タイトルを「スーパーシビアバドミントン」に変えるべし。
スカイキッド4逆スクロールシューというナムコらしい挑戦作。宙返りで敵機の後に付く、って感覚はゼロ戦の特性。まさに日本人ならでは?敵弾食らっても復活できるけど地表スレスレじゃ無理だよね(大抵地表で食らうオレ)
スクーン3潜水艦ってだけでまあ普通の横スクロールシューなんだよね。コレといって潜水艦である必然もなく。なんか独特の操作感とかあればなー。バンゲリングベイとまではいわないまでも。
頭脳戦艦ガル2「スクロールRPG」「パーツ100個」のキーワードだけで通じるであろう謎の「頭脳戦艦」です。なにをもって頭脳なのか…トリップしそうな音楽あたりが頭脳ですかね?
スパルタンX232って言ってるけどまぁ別ゲーと思っても構わないだろう。(そもそも前作ですら映画と関係ない気するし)なんでアイレム?と思うかもだけど元々アイレムよ。難易度は相当低いので初回プレイでクリアまでいけたりもする、ていうか1時間もかからない…。
セクロス3よくネット上でスラングとして「セクロスセクロス」使われてるけど元ネタのコレなんて知ってるヤツぁ少ねーんだろうなぁ。まぁ当時からそーいう風に使われてたフシがあるけどね。
ゼビウス5どう考えても全てが単純な作りなのに、その全てが人を魅了してしまう不思議な伝説。アンドアジェネシスはSTG史に残るボス敵だろう。ナムコミュージックサントラのYMO細野晴臣アレンジのゼビウスの曲は神ヤバです。
ソルスティス6思考型立体アクション。ホント惜しいのは、影があれば空間とか距離感がすぐ分かって状況認識し易くなるのに。まぁ技術的に難しいんだろう立体的に追う影は。ナーシャジベリさんでもいないと。多少無茶なところもあるがじっくり楽しめる難易度。
ダークロード8街中で依頼イベントを探して受動的に解決していくTRPGっぽいRPG。というかソーサリアン。この時代のRPG好きな人はたまらないが発売が遅く隠れた名作扱い。
大怪獣デブラス6条件クリア型シミュレーションってほかにあったっけ?怪獣からタマゴを守り輸送するんだけどサイコロで移動が決まるので小さい目ばっか出ると難易度高くなるぞ。デブラス側と防衛軍側での2P対戦があってもよかった気がするが。
大工の源さん4パチンコの方が先にあったと思われていそうなゲーム。家空けた隙に家を破壊されりゃ木槌もって殴りこみに行きたくもなるわ。木槌アクションが軽快でやりがいある…と思いきや、短いわ、作りは浅いわで。まぁ子供とかおっさんの初心者にはいいのかも。
大航海時代7やり始めるとずっとやってしまう魔性の航海。最初の内に大西洋に乗り出すと確実に死ぬ。北目指しても南目指しても死ぬ。近場の沿岸の港往復して貿易商してましょう。海賊行為は後で。マルチエンドだったらおそらく10年はプレイしてしまうゲームだったろう。
大戦略0かれこれ20年ほど前、ジャンプについてるハガキの懸賞当選したのに届きませんでした。
ダイナマイトボウル2この程度だったら実際やりに行くよ。次の日ペン持つとプルプルするからあんまり行きたくないけど。あ、じゃあこれやればいいのか。でもこの程度だったら……
脱獄4脱獄と言いつつ目的は脱獄じゃないベルトスクロールアクション。SNK式ファイナルファイト?武器を拾いつつ敵をバンバン倒していくメタルギアでも可。囲まれたときとかにたまに出る背後の敵への裏拳がかっこいい。
探偵神宮寺三郎 時の過ぎ行くままに7人が死なず、展開を「思い出していく」という変わった設定のADV。ラストはなんだかんだでニヤリとしてしまう。神宮寺シリーズってドラマ化とかしてくんないかなあ
ちゃっくんぽっぷ4これといいバイナリィランドといい初期にこんだけ不可思議なゲーム作ってたってんだから侮れんよなぁ。ゲーム性を理解して尚、絶妙な難易度。そして難易度を上げるのはなにより自分の武器の爆弾だという…。
ツインイーグル2ファミコン初期ならそれなりに評価できるのかもしれないけど91年でコレじゃあ…。ラストまで行ってもコレといって盛り上がるわけでもなく。あーあ「ジャイロダイン」やろーっと。
ツインビー6自機がポップなデザインのシューティングってこれが初だっけ?「雲撃って出るベル」がすべてと言って過言じゃないSTG。ベルに気をとられなければクリアはそれほど難しくはない。初期コナミは「横のグラディウス」そして「縦」のこれでその地位を不動にした。
つっぱりウォーズ3ケンカ勝てない
テグザー3スクウェア発変形ロボアクション。パソゲー版が有名らしいが見たこと無いからわからん。ショットがレーザーでキレイだったという話。ファミコン版しか体験してない身でなんだがレーザーがキレイ程度じゃあたいして面白くない気がするんだがこのゲーム…
デ・ジャ・ブ3ケムコの「死にアドベンチャー3部作」の一つ。他の2作に比べてお遊びというかギャグが少ない。死んでも面白くないよー
テトラスター4ファミコン後期3Dシューティング。4メガの大容量だけあってグラフィックはきれい、だがやっぱり距離感はつかみにくい。実は率いる戦闘機の残機数とかで変化するマルチシナリオだったりする。
ドラゴンズレア3その筋の人にはあまりにも有名なプレイヤーの心をポッキーのようにへし折るゲーム。初回プレイでクリアするのは原始地球にて生命が誕生する程の確率だという。
ドラゴンバスター23このぐらいの時期のナムコが続編作ってここまでつまらないのも珍しいな、ってぐらいのゲーム。「2」って謳わなければ別の感覚でプレイできたものを…。メタルギアの隠密性を劣化させたような仕上がり。
ドンドコドン3古そうなシステムだけど90年のゲーム。同じタイプである自社のレインボーアイランドやバブルボブルを越えられない感アリ…ていうか何で同タイプ?続編の2はスクロールアクションなのに…。人面樹のワープゾーンはガチで気持ち悪いです。
忍者くん阿修羅の章3だから操作性なんとかしろってんだよ忍者だろー!!一画面だったりスクロール面だったり武器変えられたり色々要素増えてるが辛くなっただけな気が…。1画面ステージはエクストリーム忍者くんです。初見では何が起きているかわからないでしょう
熱血高校ドッジボール部サッカー編5イナズマイレブンの先駆け、と言うには無理あるか。ドッジボールでヒット飛ばしたくにおくんスポーツシリーズ第二弾。ドッジに若き汗流す不良くにお達にみさこがしてくれるいいこととは…!?タックルの反則もオフサイドもないからガンガン攻めるといい。
バーズテイル6ウィザードリィと同系のダンジョンRPG。なのでウィズ好きには問題なく遊べるゲーム…だと思う。バードを一人必ず入れないとダメなのがアレだが、ヘタにウィズ初プレイするよりはマシかなぁ。ウィズと違うのはどの職も必ずオッサンだ。
ハイドライド30めんどくさそうなゲームはえ★にやらせとけ!と、身内での評判な俺ですがコレは流石に…木とゼリー相手に昼夜戦ってレベル4まで上げたけど行動指針が無くてどこ行けばいいやら…。暇できたら攻略サイト見ながらやろっと。しかし画面粗いな
ぱられるワールド0そこそこ良質なパズル。一手ミスで詰まることはないので安心感がある。(20ステージくらいしかやってないけど)個人的にはもう少し詰め気味でも構わないんだが。あとキーレスポンスがワンテンポ遅れたカンジなのだけはなんとも。
パリダカールラリースペシャル2「さぁレースゲーだ」と意気込んでスタートするとオープニングで「色々」だの「素晴らしい事」だの曖昧なこと言われ車乗ることもなく街の中に放り出される。いざラリーに参加してみれば戦闘区域なのか戦車や戦闘機出現。これがパリダーカルラリーか…
バルトロン3雰囲気は割とグラディウスに近いが、パワーアップが無い。だがレーダーとか逆行とかワープとか変わったシステムが。だがゲームそのものがタンパクなのでなかなか…。ワープも逆行もたいした使い道ない気すんだけど有効利用法あんのかな。
ピーパータイム6チクタクバンバンゲー。今のコってチクタクバンバン分かんないかぁ?実際チクバン元にしてるかどうかは知らないけど…。いやどっちかっつうと水道管ゲームか?平面レミングスでもいいやもう。
ピザポップ3ピザの配達にバイクを使わず、ピザを直持ちでしかも3分で届けなければならない過酷な仕事。ペーパーボーイといいこれといい配達ゲームはなんでこう…。つーかアクションとしては変わった所のないこの内容で92年とかウソでしょ?
必殺道場破り4「お金で済むことでしたらもう…。」裏武術の面々のこのセリフはゲーム史上最貧弱と思う。勢力がリアルタイムで変化するのはちょっと面白い。結局太極拳一本でクリアしちゃったけど色んな武術で遊べるのは高評価。武術ロックマンだな。ゲーム地味なのが惜しい
ヒットラーの復活6まずみんな初プレイで絶対に思うのは「ジャンプ無いとかふざけんなよダリぃよワイヤー」(あとタイトル平気なの?)だろうけど、遊び慣れてくるとこの不便さがまた楽しい。これの進化系はやはり「海腹川背」でしょうかね。あれジャンプできるけど。
ファイティングロード2この時代にファミコンで格ゲーでそして時代先取りの超必の存在。だがな、超必の前にガードをつけてくれ。投げハメ以外での勝ち方が見つけられん。あとキャラが濃い、敵が緑色。緑て!?
ファイナルミッション4自機がホバリングする人間(しかも割とでかい)だったりライフ制といいつつその場復帰(パワーアップ無しに戻る)のである意味難易度は高め。地味ではあるがビットをうまく使うのが攻略のコツか。シューティングというよりは強制スクロールアクション。
ファジカルファイター2この当時「ファジー」という言葉が流行っていましてね、いろんな家電にファジー機能が搭載されていました。ゲームも流行を追ってみよう、と作ったのがこれ。オプションとかならともかく自機の動きがファジーだ。…バカだろこれ作ったやつ
ブービーキッズ3アイテム集めゲー(平安京エイリアンのアレンジらしい)だがバーガータイム並に敵のホーミング性能が良すぎるので袋小路に行く時は要注意だ。いろんな世界を渡っていく設定なのでステージと敵のグラフィックの多彩さが見ものではある。
ふしぎなブロビー6ジュブナイルな洋ゲー。お供の宇宙人ブロビーをいろんな味のキャンディーで変化させそれをうまく使いトラップを突破していき宝物を探すんだけど何で町の地下にこんな広大な洞窟が…。やりがいはかなりアリ。カレー味とキノコ味のキャンディーって何よ…
不動明王伝5「影の伝説」の続編的扱い?剣が伸びるまで剣が使い物にまったくならない、ていうか身代わり札?拾うまで辛すぎだろ。オープニングが個人的にとても好き
無頼戦士3なんか今回のレビューは人型自機シュー多いな…。というわけでなにしろ弾避けがたいへん。だがショットの方向を変えられるというのがなかなかアツイ。ボタン押しっぱなしで固定にもできるし、この機能他のキャラ型シューティングにも欲しいな。
プラズマボール5何ゲーって言っていいんだかわかんないけどエアホッケーの延長みたいなゲーム。対CP戦が勝てない…でも対人戦は面白そう。対戦方法も3つ、キャラも6種類、ボールスピードも変えられる。結構激しいので徹夜中とかにプレイしたらテンションあがりそう。
ブルートレイン殺人事件5十津川警部シリーズとかドラマでお馴染みの西村京太郎原作のADV。お得意のトラベルミステリーでしかも十津川警部シリーズ。画面のカンジだと亀井=愛川欽也、西本=森本レオっぽいからテレビ朝日版か?指紋取るのに詰まること多々。あと捜査の日、オレの誕生日だ。
ペーパーボーイ6新聞配達のゲームなんだけど一種のテロと見ていいだろう。新聞を投げてポストに叩き込むんだけどポストに入らなきゃ窓ガラスをブチ破るし物は壊すし通行人も犬にも当たる。だが敵?もバカじゃねぇ、包丁持ったババァは襲ってくるわ街中でドラッグレースみたいのやってるわ外でエアロビやってるわ車に撥ねられるわ挙句配達終わったら障害物レース始まるわ。アメリカで新聞配達だけはしないでおこう。
ペナントリーグ2レビュー書く為にプレイしたら一回表で24点も取られたでござる。なんかアホみたいにどの球もスタンドに持っていかれて悪夢のようなナイター。他のチームでやったらそうでもなかった。弱ぇな拒人w 各チームの監督の顔に妙なこだわり。似てんの?俺わかんね
星をみるひと2伝説のクソゲー。だけどよくよく設定知るとSFでESPでエクソダスという、おそらく優秀なスタッフがこのゲーム作ってれば名作とは言わないでも秀作にはなれたのではないだろうか。逆にここまで有名にはならなかっただろうが。
ホステージ4人質救出作戦アドベンチャー。子供時代にこのシブさが受け入れられるだろうか…特に狙撃。全体的にもう少しゲームヒントがあるとプレイし易いのに。犯人の規模と人質の人数くらい教えてくれ…。こーいうゲームは流石に次世代機のほうが合うやね。
マイトアンドマジック6何故学研が…。ウィズとかと同系の輸入RPG。ゲームメーカーじゃないから期待してなかったけど意外に丁寧に作られてる。何より3Dダンジョンゲーには有難いオートマッピングが常備。まぁ最初は何していいかも分からないまま数度ゲームオーバーになったが。
マイライフマイラブ4まさかの一人すごろく。細かい出生設定から始まり、更にパラメーターも細かい。「人生劇場」等と違い殺伐さが無いのでじっくり目標に向かえる…がやはり一人でこーいうのやってもなぁ。キャラデザは「少年アシベ」の森下裕美でほんわか。
マインドシーカー2エスパー養成ソフト。君もクリアして-かみ-と呼ばれよう。ていうかエスパーの最上級って神なんだ?飴玉食うのに超能力必要な町なんていたくねぇ。
MOTHER6色んなものが独特な糸井重里プロデュースのRPG。言うほど感動しなかったんだけど、もう一回改めて今プレイしたほうがいいのか。記憶に残っているのは音楽とテレポートのダッシュとスターマンのPKビーム。
まじかるどろぴー5キャラはまぁ可愛いけどコレ、ロックマンだー!?しかも「まじかる」ってタイトルのくせに敵がロボって…ビジュアルシーン自体は良く描けてる
マジックダーツ4ロボットだの猿だの宇宙人だの妙なキャラが多数いるが、見た目に反して意外にまともなダーツゲーム。前述のキャラ以外にも勿論普通に人間キャラも多数いてそれぞれ微妙に特性がある(前述のキャラは特に)。まあでもダーツの枠組みからは出ないので結局…
マックスウォリアー4「新人類」みたいな強制スクロールアクション(シューティング?)をクォータービューにしたもの。ジャンプのバック宙返りがカッコイイぜキャプテンマックス!!Y軸が捉えにくいのが難点。
マッドシティ3多種のゲームをソフト内に入れるのは容量の有効活用らしいけど、個々のゲームがたいして面白くないのは如何ともし難い。とりあず4面までやって夢にまで見たアスファルトはお目にかかれましたがシティには出れませんでした。
マハラジャ3ADVだけど大して選択肢用意してないんなら普通にダンジョンRPGにすりゃいいのに。インド神話ベースなのだが話の掘り下げ凄く浅いので知らない人にはつまらないだろう。劇中の小ネタ、シヴァだけに「ヘビ」メタのバンドやるらしい。聴きてぇ。
ミニパット4タイトルの通りパターゴルフのみのゴルフゲーム。暇つぶしにはいいかもしれない。パッケージイラストにここまひ氏を起用しているのにゲーム中には一切出てこない(全クリとかで出るのかもしれないが)のでくやしい人はヴィルガストやろう。
ミラクルロピット3ノーミラクル。魔界村の様に2段階判定式だが、ロピットやられた後に出る女の子は攻撃手段がないためほぼアウツ確定。ロピットに復活出来るけどクリア目指す方が無難。面クリの度に残機増えるから2周目の頃には20機とかになるけど2周目やりたくないよ…。
メタルマックス7ファミコン神拳ミヤ王制作フリーシナリオ戦車RPG。まだ洗練されてはいないが続編にもブレなく継がれるシステムは完成してる。戦車って言えばゲーセンの大型筺体の「TOKYO WAR」ってのが超好きだった。欲しい。バトルシティから始まり戦車ものはたまらんね。
モアイくん4俺これ、やるまでずっと純粋なアクションだと思ってたよ、PC原人みたいなの。てかコナミでパズルものってこれ唯一じゃない?あるのかな他に。それよりモアイなら輪っか吐けよな
妖怪道中記5いたずらスケベ小僧たろすけがスタンドもんもたろーを引き連れ地獄巡り。ベストエンディング迎えるには地獄にいて尚、悪行に気を配らねばならないまさに地獄の難易度。まぁ俺は裏技使ってグラフィック見れれば充分です。
ラフ4ゲーム音楽通には有名なラフです。ゲームそのものは割と普通のSFアクション。独自拡張音源チップ積んでた数社のうちのひとつサンソフト(サン電子)、ソフトとしてヒット作が出てればその技術ももっと日の目に出ていただろうに…。
ランパート7ゲーム内容説明するのがまた難しいゲーム。陣取りゲーム?ゲームのコツは修復フェイズの前に自陣の壁をなるたけサラ地にするのが大量陣取りのコツだ。
竜牙3オーソドックスな横スクロール忍者アクション。特徴は武器による変化能力。武器が違うと変化する姿も違うのだが、使えない武器・変化がまた。ちなみに「ギルティギア」のサミーの世の中お騒がせ計画その一。だとさ。
ルナーボール685年の時点でこの変わったビリヤードを作ったのはかなり高評価だと思う。摩擦係数設定・台の形とか、プレイしてみればその変わった面白さは一発で分かると思われる。ゲームとしてやる場合はリアリティの追求よりゲームらしさのほうが大事だと実感できる。
ロウ・オブ・ザ・ウエスト3どいつもこいつも皆殺しだぁ!!前に出たら撃て!女も子供もみんな撃て!…とゲラゲラ笑いながらプレイするのが吉。クリアってあるのこれ?
ロードマン5自転車のロードレースという珍しい題材のゲーム。まぁ他のレースゲーでもよくあるけど全開でこぎっぱなしだと速攻バテという。操作も結構シビア。曲がるのムズい。ところでオレ昔ママチャリで京都まで行ったよ。一日120km。
ロックマン26これに限らずロックマンシリーズは大抵友人がカセット持ってて遊びに来た時にクリアまで見せてくれるのでこれといって印象は強くなかったりする。(でもヒート・クイックステージは俺だけがクリアできた)やれば面白いのは確かだが。オープニングかっけえよね
ワギャンランド5しりとり。